伊豆長岡温泉に無料の足湯が!これで4つ目!

伊豆長岡温泉には3つの足湯(無料)がありました。

過去、この反射炉.jpで紹介した足湯もその中の一つ。以前紹介した足湯は、古奈温泉に位置する足湯。

この度、4つ目となる足湯が誕生したのは長岡温泉。伊豆長岡温泉のメインストリートに位置する二つの旅館に挟まれた足湯。その名も「出逢いの湯」今日は、その足湯の紹介です。

自動車でこの足湯に向かうとおそらく通り過ぎてしまうこの足湯。

伊豆長岡温泉街にある旅館、「小松家八の坊」と「福狸亭小川家」の間に出来ました。車の速度では見逃しがちとなるのでこの旅館の看板が見えたら速度を落としてください。

今回の足湯は、伊豆長岡温泉の活性化を目指す若手有志の会「長盛隊」が先頭となって完成に至ったんだとか。そういえば並び立つ旅館の壁が取り壊されてそこに足湯が!

ここの足湯の温度は、38度から40度ほどに設定されています。その他の足湯は、源泉そのまま!?な温度。私がよく利用する古奈湯元公園の足湯は、50度近くあるのでは?また、湯らっくす公園内の足湯も温度調整してません!の張り紙が貼ってありこちらも極熱。

それに比べると「出逢いの湯」は、入りやすい温度設定となっています。

20151216140206470

「出逢いの湯」へのアクセスと営業時間

自家用車で行く場合は、旅館「小松家八の坊」と「福狸亭小川家」を目指してくだされば着きます。ただし、誰でも利用できるこの足湯なのですが今日行ってきて気になったことが・・・それは、駐車場が無い?周りを見渡すと全部旅館さんの駐車場ばかり。

駐車場に関しては少し気を付けてください。

車以外(公共交通機関)で行く場合は、伊豆長岡駅から沼津駅行きのバスに乗り「温泉場中」というバス停で降りればこの足湯まですぐ!です。

利用時間は、8:00頃から21:00頃まで(夜間はライトアップもされている模様。こちらも写真に収めて紹介します)。無休。

しかし、他の3つの足湯には屋根がありますがこちらには屋根が無いので雨の時にはご注意を!

反射炉、先日紹介したぐらんぱる公園の「グランイルミ」、東京オリンピックの自転車競技会場に選ばれた修善寺サイクルスポーツセンターと伊豆には観光名所が増えつつあります。

反射炉ついでに伊豆を満喫してってください^^

【足湯の概要とメリット】

服を脱がずに手軽に温泉を楽しめるため、温泉街の街角に設置されることが多い。他にも、鉄道駅、道の駅、公園など、観光客が多く集まる場所で見かけることができる。日本の場合、ほとんどの足湯は無料で利用できるが、一部では寸志または料金として200円以下の金額で楽しむことが可能な場合もある。
全身で入浴する通常の温泉と違って、膝下だけお湯に浸かるため、のぼせしにくく、足に太い血管が通っているため全身を温めることができる。靴・靴下類を脱ぎ裸足にならなければ入ることはできない。(by wiki)